【愛知県】三河湾浄化市民塾視察 EMクリーニング店 編

河川浄化・水産業

本編の視察先は愛知県豊田市でEMクリーニングを実践されている「クリーニングベルオカダ」さんです。

クリーニングの過程に活性液を使用することで、衣類にも環境にも優しいだけでなく、化学薬品使用量が大幅に減ったとのことで、お客さまからの評判も上々だそうです。

取材日:2011年9月12日

EMクリーニングの秘密は、特性のEM活性液

EMクリーニングは、EMの力で汚れ(酸化物)を落とし、非イオン化で繊維を傷めずふわふわに仕上がるそうです。汗やタバコのにおいも消え、静電気を押さえるので、汚れが再付着しないという利点も。


ちなみに岡田さんは手作りのEM活性液をクリーニングに使用しています。なんと、衣服に色がうつらないようにと配慮された白色の活性液です。pHは3.0と低く、最高級品質の活性液です。
 
店長の岡田隆由さん
リンゴ糖蜜やにがりを加えた特製レシピで制作されているとのこと。とてもいい香りのするこの活性液は、店頭でも販売していて購入することができます。
(1本2リットル入りで170円)
岡田さん特性のEM活性液

仲間と共に、家下川の浄化活動も

岡田さんは数年前から豊田市を流れる家下川の浄化活動も行っています。


「EMを使ってからいいことがいっぱいあったから、恩返しをするために川をきれいにしようと思ったんだよ」と話して下さいました。
店内に飾られた、浄化活動の様子
有志で仲間を募り、「家下川を美しくする会」を発足させ、地域の環境保全に努めているそうです。本店の駐車場の脇で活性液の無料配布のサービスもあります。大人気ですぐになくなってしまうとの嬉しい叫びも。

活動費はすべて自己負担。「自主・自立・自己責任」のスローガンが徹底されていました。


杉谷@営業課
 
自費でEM活性液の無料配布をして地域に普及しています。