健康編

元気にボランティア活動を楽しむ方々(NPO緑の会/茨城県)

微生物の海で生きている私たち

「菌」や「微生物」と聞くと、病気を引き起こすもの、嫌なニオイを出すもの、というイメージが強いかもしれません。しかし、体にいいとされる発酵食品は微生物の力で作られているし、土の中にも、空気中にも微生物は無数に存在しています。1gの土の中には数百万~数億個の微生物がいると言われています。また、1回の深呼吸でも5万個以上が肺に入るほど菌は空中を漂っていると言われています。私たちは微生物の海の中で生きていると言っても過言ではありません。
私たちの体は60兆個の細胞でできていると言われていますが、その10倍以上、約1000兆個の微生物が私たちの体の中や外にいることが分かってきています。つまり、私たちの体だけで考えても、自分と微生物の区別もできないほど、微生物だらけの世界にいるのです。

除菌をすると、健康から遠ざかる・・・

世間一般では除菌!抗菌!!と、「菌は汚くて悪い」というイメージが繰り返されています。微生物の海の中に生きているような日常生活での完全除菌は不可能です。それどころか、「除菌」は、いいも悪いも「除いて」しまう行為なので、私たちに必要な菌たちも死んでしまいます。皮膚などの表面や腸にいる菌とは、私たちは共生関係にあるので、除菌をすればするだけ健康から遠ざかる結果となります。
私たちの体にいる微生物は「常在菌」と呼ばれ、私たちの体を守ってくれています。病原菌や悪玉菌の活動を抑え、健康的に過ごすには、殺菌するよりも善玉菌を味方につけた方が効果的なのです。 菌が住み着いている場所は、おなかの中だけではありません。
口や鼻の中にもいます。 例えば、善玉菌がしっかり働いていると、虫歯や歯周病を起こす原因菌が寄りつかなくなり、体に悪いものが入って来にくくなります。皮膚の上にもいろんな菌がいますが、善玉菌が優勢な状態が保たれていると、カビの一種である水虫や、悪い細菌から守るバリアになってくれるんです。
EMを知る

EMについて

EMのメカニズム

4コマでわかるEMマンガ

コラム「EMのチカラ」