微生物/EM

“酵素って何?”の巻

酵素がいないと、みんな生きていけません!

食べたものが消化・吸収され、体を作ったり調子を整えたりする時、私たちの体の中ではさまざまな物質が休むことなく分解・合成されています。こうした化学反応をスムーズに進めるのが、酵素なのです。人間の体には60兆個の細胞があるといわれていますが、そのひとつひとつが生きていくためにも酵素が必要です。また、酵素は人間の体だけでなく、あらゆる動物・植物・微生物など、すべての生き物にあり、その生命を支えています

体のあちこちで、大活躍。

酵素にはいろんな種類があって、体のさまざまな器官に存在し、それぞれの働きをしています。たとえば「消化酵素」と言われるものにもいろいろあって、唾液に含まれている「アミラーゼ」はでんぷんを、胃液に含まれている「ペプシン」はタンパク質を、すい臓にある「リパーゼ」は脂肪をそれぞれ分解します。酵素によって食べ物の成分が分解されることではじめて、私たちの体に栄養となって吸収されるのです。 [その他にも…] ● 体をつくる・呼吸や血圧の調整をつかさどる ● 老廃物を排出し、新陳代謝をうながす ● 活性酸素を除去する ● 栄養をエネルギーに変えて体を動かす ● けがや病気の回復を助ける・・・等 私たちが元気に生きるために、欠かせない仕事をしています。

でも・・・酵素は減ったり、動きが悪くなることも

体の中で大活躍の酵素ですが、体がつくり出す1日の量には限りがあって、病気、疲労、偏った栄養のせいで一時的にたくさんの酵素が使われてしまうと、酵素不足で体に影響が出ることも。また、活性酸素を除去するSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)酵素など、多くの酵素は年齢とともに体の中で生産する力が弱まり、減少するとも言われています。

ビタミン・ミネラル、そして発酵食品が酵素を助ける

ビタミンやミネラルの栄養素は、酵素の働きを活発にする「補酵素」の役割も果たしています。また微生物の働きで酵素がたくさん作られる発酵食品も、体にも吸収されやすく、おすすめです。