家庭でつくるEM基礎アイテム

EM生ゴミ発酵肥料で土づくり

EM生ゴミ発酵肥料で土づくりをする方法

  • EM生ゴミ発酵肥料と土を混ぜ合わせます。 あらかじめEM生ゴミ発酵肥料と土を1:3で混ぜ合わせます。 腐葉土なども適量加えます。
  • プランターに鉢底石などを敷きます。 プランターの通気性や排水性を高めるために、底に赤玉土や鉢底石を1~2cm敷きます。
  • ②のプランターに①で混ぜ合わせたものを入れます。
  • 表面に乾いた土をかける。 表面に見えるEM生ゴミ肥料などが隠れるように、軽く土をかけてください。
  • 表面にEM活性液をかける。 EM活性液か、米のとぎ汁EM発酵液を5~10倍に希釈し、土の表面がしっとりと湿るまでかけます。 ※EMスーパーセラ発酵Cを全体水量の1/1000になるように加えると、さらに発酵が安定します。
  • 余分な水分を吸収させるため、新聞紙をかけ、その上からゴミ袋で覆い、ビニールをかけて、ひもでしばります。およそ1ヵ月で生ゴミはほとんど分解し、よく肥えた土になります。