EMと共に生きる人々(WE USE EM)

ゴミゼロで広がるコミュニティ

有明ボカシの会 【長崎県島原市】

生ごみリサイクル活動を推進している「有明ボカシの会」では、地域の保育園や小学校の調理で出た生ごみをEMボカシで堆肥化して有効活用し、農薬や化学肥料に頼らない元気な野菜を作る環境学習をしています。その活動により野菜嫌いな子どもたちも、生ごみ堆肥で育った味がのった野菜を食べ続けることで、ニガウリでも平気で食べられるようになるほどです。
児童の前で講習会を行う会長の荒木光義さん
また会員の皆さんは各ご家庭で生ごみをEMボカシで発酵させ、堆肥化して色とりどり綺麗な野菜を作られています。定年退職をされ故郷の長崎県にUターンされた方や専業主婦の方など「自分の力で美味しい野菜を作ってみたい」という思いをきっかけに集まった、総勢57名の皆さんが有明ボカシの会を運営されています。
 
その1年の成果を自分たちで栽培した野菜を使った料理を振る舞う試食会を公民館で開催し、今年5年目を迎えます。あたたかみを感じる手作りのイベントには、関係者の方をはじめ島原市市長が出席し、テレビ局や地元新聞局の取材も毎年入ります。
 
試食会に当日に振る舞うメニューは合計20種類。レシピは試食会のために2ヶ月目からプロの料理人とメニューの打ち合わせをして作り方を教わったり、レシピ本を参考にして準備されたそうです。前日から下ごしらえをして、30名の女性メンバーの方々が8班に分かれて、朝から調理をされています。またメニュー以外にもこだわりがあり、ごみを減らす活動をしている団体として、試食会で使用するコップや食器類はプラスチック製の物を採用し、全て来年の試食会で再利用できるものを揃えたそうです。会場では、「EM蘇生カレー」もメニューに採用していただき、皆さんからやさしい味で美味しいとお声をいただきました。

 
写真(左)試食会当日、和気あいあいと手際よく作業を進める有明ボカシの会の皆さん。写真(右)準備の様子に会長の荒木さんは「みんな普段から家のこと中心に仕事やっているから作業が速い、速い。もうすごいです」
丁寧に色鮮やかに盛り付けられた料理の数々。試食会をより良いものにしたいという会の皆さんの気持ちが伝わってきます。
写真(左)野菜の部位も余すことなく使った「ベジブロススープ」は皮や根である成長点を使った野菜の甘みを凝縮した濃厚なスープ。農薬や化学肥料を使用せず育てた野菜だからこそ、安心てできるメニューです。写真(右)試食会には「EM蘇生カレー」も登場!
写真(左)荒木さんが約35種類の野菜を育てる「EMファーム」
写真(右)荒木さんの熟成生ごみ堆肥。荒木さん曰く、腐らせいないコツはEMボカシをたくさん入れること。会員の皆さんは、同じ長崎県内で有機農業に取り組む大地といのちの会 理事長である吉田俊道さんを講師として招き、学ばれています。
会場の準備が着々と進む中、会長の荒木さんは取材対応に大忙し。取材陣が集まる荒木さんの農園「EMファーム」では生ごみ堆肥を使用して、ミョウガ、ニラ、ミニトマト、大根などをはじめとした約35種類の野菜を栽培しています。また国土交通省管轄の河川国道事務所から国道の刈り草を無償提供してもらい草堆肥にして今年はゴーヤを育てたそうです。
 
地元テレビ局の取材を受ける荒木さん。
写真(左)会場に展示された活き活きとした野菜たち。生ごみ堆肥で、会員の皆さんが栽培されたもの。
写真(右)ユーモアと一緒に自分が育てた野菜も紹介!
「EMファーム」では関東地方で会社員生活を送り、定年後はUターンされた会員の一人の下田さんが荒木さんとともに取材対応されていました。「小学校で生ごみ堆肥について伝えていると、子どもたちから下田先生と呼ばれてびっくり。活動を始めて1年目ですが、オクラも大きく育ちました。これからも勉強を続けていきたい」とお話ししてくださいました。
有明ボカシの会の皆さんの気持ちが一つとなってできた元気野菜の試食会。生ごみ堆肥で作った無農薬・無化学肥料の野菜の美味しさは大人も子どもも笑顔になるコミュニティをつくり、有明ボカシの会の皆さんの活動はこれからも広がり続けます。有明ボカシの会の皆さん、ありがとうございました。
 
写真(左)「100点満点です!」と試食会を称賛する島原市 古川市長。
写真(右)ご自分の「EMファーム」の紹介をプレゼンテーションされる荒木さん。
見事なチームワークにより無事に試食会を終えた皆さん

取材日:2017年7月26日(SN)


 

今回使った商品