EMと共に生きる人々(WE USE EM)

比嘉照夫先生に突撃インタビュー!

Q.EMに関することで最近感動したことはなんですか?

A.最近の感動と言えば、私の大切な同志の体調の回復と、EMを扱う時の想念の重要性に気付けたことです。

休養している彼を頻繁に訪ねて、EMを活用して体調を戻すことを一生懸命やっています。それで確かに驚くほど調子が良くなっています。しかし、本来なら、私の経験上、もっと早いペースで改善すると思いながらも、何か不足を感じていました。  
     
ふと、心から想いを込めることが大事であることに気付いて、反省させられました。ただ機械的にやるだけでは不十分なんです。      
それで「EMさんごめんなさい、お願いします」と想いを込めてやってみると、その場でみるみる良くなっていくのが分かり、たった30分でこれまでの半年分と同じくらい良くなった反応を感じたのです。

「EMはやっぱりすごい!」と改めて感動して、同時に言霊の力を実感しました。EMの愛好家であり、実践者の皆さんには、これを体験して実践してもらえるようにと、EMに対する想いを集約する例えを挙げました。
すなわち、「EMさんごめんなさい、EMさんありがとう、EMさんお願いします、EMさん大好きです、EMさん愛しています」という想いを込めることです。これを実行した方々の反応は、すべて限界突破的です。

畑にも、EM活性液にも、環境浄化にも、どんな場面でもこのような想いを込めて唱えると、本当にEMの力を実感することができます。そして重ねれば重ねるほど共鳴力が高まりますので、繰り返すことが大切です。
  • 【比嘉先生の㊙プライベート(休む編)】 疲れを感じたら、とにかく休む!23時から3時の間は睡眠のゴールデンタイム。その時間は必ず体を休めています。
  • 【比嘉先生の㊙プライベート(考える編)】 難しいことを考えるのは朝起きてすぐ。毎朝5時には起きて、雑念がなくて頭が冴えている時に原稿など大きな仕事は終わらせます。