EMと共に生きる人々(WE USE EM)

韓国でEMを活用して”奇跡の瞬間”をつくる会社、”EverMiracle”

Q.どんな事業に力を入れていますか?

パク・チョル社長
私たちは、家庭向けの環境に優しい生活用品の開発と販売、そして農・畜・水産業および環境事業向けのEM資材の生産・販売・運用サポートという二つの事業を柱にしています。

EMはもともと、人間と自然を豊かにして環境を蘇生させるという目的があります。私たちもEMと共に蘇生の道に進み、環境浄化に寄与する会社を目指しています。
私たちはEMを用いた環境浄化や農・畜産業での実績を持っています。そこには、韓国で私たちだけが持っている技術力や研究開発力もあります。EM研究開発団との協力によって、現場と実験室で試行錯誤を重ねて蓄積した実験データやノウハウが私たちの財産です。

現在は、家庭向けの商品販売事業の方が主力になっていますので、今後は産業分野の販売事業や環境事業を伸ばしていきたいと考えています。EMを通して環境問題のトータルソリューションを提供する新しい事業も開始していて、メタンガス発電を進める企業とEM活用による発電の効率化に取り組んでいます。

 

Q.新しいシンボルマークには どんな想いが 込められていますか?

2018年4月にシンボルマークを新しくしました。時間を表す時に、「12:00」と書きますよね。「E:M」というデザインには、私たちがお客様に提供するのは、24時間いつでもどこでもEMの奇跡と感動を経験する「EM時間」であるという意味を込めています。

EMを愛する韓国のお客様に、「いつでも永遠にEMによる奇跡を実感していただきたい」という“エバーミラクル”のメッセージを、新しいシンボルマークと共に、これからも届けていきます。

株式会社エバーミラクルについて

●本社 : 全羅北道 全州市(チョルラブクド・チョンジュシ)  
●設立 : 2002年3月  ●社員 : 42名
●主要事業 : EMによる環境保全型の農畜水産資材の製造販売、家庭向け生活用品の販売、環境事業

【設立経緯】
韓国の南西部にある全羅北道では、もともと農業が盛んな地域。当時の道知事がEMの効果を知り、地域の農業振興のために道内の全州市にある私立全州大学の前理事長とともに、EM開発者の比嘉照夫教授の元を訪問。
その後、株式会社EM研究機構と技術提携を結び、2001年に全州大学の中にEM研究の専門機関を設立。
その翌年、EMを用いた環境保全型農業を推進するため、株式会社エバーミラクルを設立。

 

EM時間をつくる事業紹介

1. EM製造
エバーミラクル社では、九つのタンクでEM1を一度に26トン製造が可能です。同社で製造したEM1は有機農業資材、家畜飼料(生菌剤)として国の機関に認証登録されています。

※韓国では、乳酸菌や酵母、光合成細菌などはそれぞれ農業畜産分野で昔から一般的に使われてきた馴染みのある資材。そのため、多くの微生物資材が国に認証登録されています。

2. 農業・畜産業への供給
微生物資材を培養して販売する農業技術センターはおよそ50ヶ所。その内、エバーミラクル社は、30ヶ所以上にEM1を販売供給しています。畜産協同組合でEMを導入しているのは5ヶ所ほど。
新規で微生物資材を導入する施設には、EM培養装置の設置から、培養システムの運転方法やノウハウの指導、農家さんへのEM活用の説明・提案方法まで総合的にサポートしています。

※日本の農協にあたる農業技術センターが、全国に約150ヶ所あり、各自治体の予算で運営されています。それぞれの農業技術センターでどんな農業資材を選んで農家に販売するかは、各センターによって異なります。

 
  • エバーミラクル生産技術本部のイム・ジュソク(林 珠錫)さん。
  • EM培養施設
  • 糖蜜
  • EM1
現代自動車(ヒュンダイ)のお膝元、蔚山(ウルサン)の都市部の中心を東西に流れる大きな川、太和江(テファガン)。この川は以前からEMで浄化活動をしていて、ずいぶんと水質が改善されてきました。
【写真提供】韓国観光公社
3. 環境事業
エバーミラクル社では、農生命EM環境研究センターのキム教授の協力のもと、しっかりと浄化実績のデータ分析を行い、報告書を提出しています。14年間で河川、湖沼、貯水池、下水処理など多数のプロジェクトで結果を出してきました。現在は、全州市内の製紙会社、全州Paper(チョンジュ・ペーパー)で廃棄物から出るメタンガスのエネルギー化と、EMを活用した効率化のプロジェクトを進行中です。

※韓国では、公共の河川等の環境浄化事業は国や自治体で予算を立てて、企業やボランティア団体に業務委託をして実施しています。自治体は、実績のある企業や団体に声をかけます。
4. EM商品開発・販売
日本では残念ながら購入できません。ぜひ、韓国へ旅行する際には、エバーミラクル社のEM商品を探してみてください。


■韓国でエバーミラクル社のEM商品が買える場所■

【チョロッマウル(オーガニックスーパー)】
韓国国内に約480店舗、ソウル市内だけでも95店舗も展開。
盤浦(パンポ)店 …… ソウルの江南(カンナム)エリア、瑞草区(ソチョグ)盤浦洞(バンポドン)にあります。地下鉄9号線親盤浦(シンバンポ)駅4番出口すぐ。ソウル駅から40分ほどの距離ですが、駅前なので旅行者でも見つけやすい場所です。

【ORGA(オーガニックスーパー)】
直営店11店舗の他、ロッテ百貨店の地下食品コーナーを含む全国110店舗以上の加盟店を運営。
芳荑(パンイ)店 …… ソウルの江南(カンナム)エリア、松坡区(ソンパグ)芳荑洞(バンイドン)にあります。地下鉄5号線芳荑(パンイ)駅4番出口徒歩3分。(隣のオリンピック公園駅から徒歩11分。)ソウル市内の直営店で一番広い店舗です。
  • こちらは、一般家庭用のEM(500ml)キッチンや浴室の清掃・消臭に使われています。
  • こちらは、無菌タイプのEM消臭剤。例えば、託児所や病院、ペットショップなど公共の場所でも使えるので便利で