その他

冷えた時こそ、紅茶で体を温めよう!

寒い時に簡単に温まる方法は・・

寒さが厳しい時には、部屋の中で美味しい飲み物を飲んで、体を芯から温めたたくなりますよね。
そんな時は「紅茶」を淹れてみてはいかがでしょうか?
今回は美味しい紅茶を入れる、ポイントをお伝えします。

 

ティーポットを使って、美味しい紅茶を入れるポイント

①ティーポットを温める
熱いお湯の温度を保つ必要があるので、ポットにお湯を注いでおきます。
高い温度を維持することによって、茶菜がポットの中で開きやすくなります。
ポットが冷たいと、せっかく温めたお湯の温度が下がってしまうので、美味しく飲むための一工夫です。
そうすることにより、紅茶の成分を十分に引き出すことができます。
 
②茶葉の分量を計る
基本は一人分につき、3gが目安です。ティースプーンを計量に使いましょう。
ティーバッグを使えば、カップ1杯にちょうどいい量の茶葉がすでに入っているため、計る手間を省くことができますね。
ティースプーンを計量に使う場合、茶葉の量は以下の通りです。
茶葉の形状によって量が変わります。
 
●茶葉の形状が細長いタイプの場合
ティースプーン 山盛り1杯が目安。
 
●茶葉が細かく粉砕してあるタイプの場合
ティースプーン 中山盛り1杯が目安。
  • 紅茶の香りでほっと一息入れましょう。
  • ピラミッドの形をしているテトラ型のティーバッグだと、茶葉に含まれる成分を抽出しやすいのでおススメ。
③新鮮な沸かし立てのお湯を注ぐ
 沸かすお湯の量は、茶葉3g(1杯分)に対して、180cc~200ccが適量です。
くみ立ての水を沸騰するまで火にかけます。
紅茶の成分を引き出すには、ポットの中で茶葉を「ジャンピング」させることが大切です。
水分中に酸素が多いほど、対流が起きやすくなるので美味しく飲むためにも、必ず沸騰させましょう。

④蒸らす
ポットに熱湯を入れたら、3分ほど蒸らします。
あらかじめ、カップにお湯をはっておきましょう。
ティーポットと同じでカップを温めておくことで紅茶を注いだ時に温度が下がりにくくなります。
 
⑤カップに紅茶を注ぐ
温めたカップに「ゴールデンドロップ」と呼ばれる最後の一滴まで、カップに注ぎます。
その一滴には、旨みが凝縮されているため、茶こしを使い必ずカップに注ぎ切りましょう。
この時に少し高めの位置からカップに紅茶を注ぐと空気が水の中に入るので、風味が引き立ちます。
甘さがほしい時は砂糖やハチミツをお好みで入れても良いでしょう。
 
 

紅茶にしょうがをプラス、体をぽかぽかに

なんだか調子が悪いな、喉や鼻が気になると感じた時は体を温めるために生姜入りの紅茶を飲むのがおススメです。
 
生姜は昔から体を温める漢方薬としても使用されてきた食材です。
乾燥した生姜は、冷え切った体にはぴったりの食べ物。
生姜ならではの辛味成分と国産紅茶のまろやかな味わいに体がじーんと温まりますね。
 
気分に合わせて、ストレートで飲む他にハチミツなどの甘みを加えても良し。
ミルクティーにすると、一味違う風味になるので、自分でアレンジして毎日楽しむことができます。
寒い冬だからこそ、いつもより温かい飲み物を飲んで体を休ませましょう。
忙しい中でもほっと一息つく時間をもつことが、体のためにも大切です。



 

今回使った商品