EMと共に生きる人々(WE USE EM)

EMを食べて、飲んで、EMの部屋で育った豚「なぽりとん」

EMを活用した養豚場を営んでいる
岡野ファームの代表 岡野文之さん(中央)
茨城県土浦市 岡野ファーム 岡野文之さん

こんなにEMを 使ってる養豚場は 他にはないんじゃないかな

EMを知ったきっかけは、親しい養豚仲間がEMに興味を持ち、一緒にやろうと誘われたことです。15年ほど前より使い始めて、今では養豚場のあらゆるところでEMを活用しています。

豚舎へは1日3回合計300リットルのEM活性液の散布を行っています。昔は近隣の方から豚舎の臭いに関する苦情がありましたが、今は何も聞かなくなりましたね。

餌や飲み水にもEMを混ぜています。餌は一般には流通していない規格外の食品を、EMで発酵させてから食べさせています。また、良質なパスタを粉にしたものも与えていて、これがブランド名「なぽりとん」の由来にもなっています。豚の飲み水には井戸水を使っていますが、その井戸水を汲み上げる機械には自動でEMが混ざるように改良してあるので、豚は生まれた時から本当にEM漬けですね。

これだけEMを与えるのは、元気な豚を育てるのに、健康的な環境が基本だからです。

お客様の声は励みになる

インターネットで販売を始める前は、自分たちの育てた豚のお肉を食べるお客様の声を聞くことはありませんでした。

そもそも今まではどこで売られているのか、どんな方が召し上がっているのかも分かりませんでした。
でも、実際に食べて美味しいと言ってくれる方がいると、作る側も嬉しいし、やりがいが湧きましたね。
少しでも多くの方に「なぽりとん」の良さをお伝えしたいと思っています。
◆岡野ファーム(茨城県土浦市粕毛637 )
TEL :029-821-7552
WEB:https://poke-m.com/producers/6608
豚舎にEM活性液を散布。1日3回、心を込めて散布しています。