EMと共に生きる人々(WE USE EM)

人生を豊かにするペットとの暮らし

安心して使える!お手入れのお役立ちグッズ

◆EM発酵消臭剤、EM発酵被毛剤
乳酸菌などの善玉菌による発酵由来の成分がニオイや汚れを除去します。化学的な成分を使っていないので、安全安心でペットが舐めても大丈夫。薄めずそのままスプレーできる手軽さと、品質が変化しないので、置きっぱなしにできるのがすごく便利です。消臭剤はペットのトイレ周りの消臭に、被毛剤は体の汚れとニオイの除去に。

愛犬用 価格:1,296円(税込) 容量:300ml
愛猫用 価格:1,080円(税込) 容量:250ml
◆EM活性液
普段からEM活性液をお掃除や植物のお手入れに使っている方なら、ペットのトイレ周りやペットの体にも同じように水で薄めてスプレーするだけ。汚れを除去します。
( 発酵させる経験が少ない方は、酸味のある良い香りのEM活性液が作れるようになってからお使いください。
ペットが喜んでくれるように。)
 
◆EMW
水で薄めてスプレーするだけで生活空間を爽やかにし、お掃除や消臭に活躍する発酵液。ペットのトイレ周りの消臭にももちろん使えます。生きた菌が入っているので、取り扱いには少し配慮が必要。水で薄めた液は日持ちがしないため、毎日新鮮なものに作り替えて使いましょう。

価格:1,080円(税込) 容量:500ml

こんなに喜ぶ!お手入れのコツをご紹介!

◆ペットのニオイ・毛並みのお手入れ
ペットをこまめにお風呂に入れるのは大変ですが、EMを体にスプレーしてあげることはいつでもパッと簡単にできます。多頭飼いをしている方にお勧めです。

【野渡明子さんのお話】
まろんがおしっこをすると、お尻周りの毛におしっこが付いてしまうので、お尻にEM発酵被毛剤をスプレーして拭いています。マロンがよく寝ているソファーにはよだれが付くので、EM発酵消臭剤をスプレーしています。同じ室内で猫も5匹飼っていますが、お客様からは、ペットのニオイがしないねと驚かれます。猫のトイレ用のプラスチック容器を洗った後に、軽くEM発酵消臭剤をスプレーするだけで染み付いたニオイが消えます。
  • ゴールデンレトリバー まろんちゃん(5さい)
  • 飼い主の野渡 明子さん
◆お口のお手入れ(歯みがき)
ペットの歯みがきも飼い主さんの大切な役目です。犬は口に含んだものを吐き出せないので、飲み込んでも大丈夫な安全安心の歯みがきペーストを使いましょう。

【赤津徳彦さんのお話】
EM歯みがきペーストを使って、指で歯茎をマッサージしてあげると、唾液も出るし、お口のニオイも軽減できます。上手にみがくには、普段からペットと良い関係を築いておくことが大切です。優しく抱っこして安心させて、飼い主さんもリラックスしましょう。おどおどしながらやらないこと。ペットを怖がらせないよう、歯ブラシは正面から突っ込まないよう、入れ方にも気を付けてくださいね。無理にやらず、徐々に慣れさせていってください。
 
  • 犬の歯みがき 講師 トーラス株式会社 社長 赤津徳彦さん
  • ヨークシャー・テリア マウイちゃん(5さい)

なんでEMを使うと毛づやがよくなるの?

ペットが動き回って遊ぶと、被毛にホコリやゴミがくっついて汚れますよね。EMには静電気を除去する効果があります。ホコリ汚れは、静電気がなくなると落ちやすくなりますから、EMをいつもスプレーしているとホコリが付着しにくくなります。

また、毎日EMをスプレーしていると、ペットの被毛がサラサラして指通りが良くなり、ニオイの元となるおしっこの汚れも取り除くことができます。EMには乳酸菌などの善玉菌が作り出した発酵由来の有機酸が含まれていて、おしっこの汚れはこの有機酸が中和してくれます。

人間の肌には常在菌がいて、菌が肌を保護していることが知られているように、私たちは菌の世界に暮らしています。それはペットも同じこと。

ペットの被毛の汚れ落としだけを考えたお手入れではなく、EMを活用して常在菌にも配慮したお手入れをすれば、本当の意味で健康的で美しい毛づやになっていきます。
 

ペットとよりよい生活をおくる 3つのキーワード

◆1. 食事 ワンちゃん猫ちゃんの食事で大事なもの、欠けていませんか?
お話【ペットショップ ディーテラス(トーラス株式会社直営店) 店長  小池 さん 】


当店では、ワンちゃんや猫ちゃんの健康を第一に考えて、そして飼い主さんにとってもペットにとっても快適で楽しいライフスタイルを提案しています。
猫ちゃん用の食品や雑貨も扱っていますが、お客様の需要の多いワンちゃん用の商品をメインに取り揃えています。安全安心なもの、オーガニック、ナチュラルなものを求めるお客様が来られます。EMの商品コンセプトも安全安心ですよね。

お客様から飼っていらっしゃるペットの健康についてご相談いただくことが多いので、最善の方法、最新の情報をお伝えするようにしています。例えば、猫ちゃんは可愛くてもトラやチーターと同じで狩りをして獲物を食べる肉食動物なんです。だから遺伝子的には肉を消化しやすく、本来は野菜があまり得意ではないんです。
普通のカリカリのキャットフードはジャガイモやエンドウ豆などがつなぎとして使われていますが、当店ではそういったものを使わず、猫ちゃんにとって望ましい食事として99%がお肉のフードをご紹介しています。

ワンちゃんは雑食なんですが、野菜を食べるのはあまり得意ではありません。でも、最近は室内で飼う傾向になり、運動量も減ってきたので、中にはお肉よりキャベツが好きというワンちゃんもいるので、飼い主さんからワンちゃんの好みや体調を聞いて、適したフードをお勧めしています。


 
ペットショップ ディーテラス(トーラス株式会社直営店)
店長 小池 さん (写真中央)
あと、食べ物や運動だけでなく、スキンシップもペットの健康には重要ですね。飼い主さんと一緒にいる時やスキンシップをした時に、幸せホルモンがたくさん出るんです。

それでもやはり食事はすごく大事です。ペットフードは総合栄養食と言われるもので、それだけを与えていても栄養は十分とれますよ、というものですが、製造過程で加熱されているので、熱に弱い酵素が失われているんです。
そこで、私たちは酵素が活きているフリーズドライ(真空乾燥)フードもお勧めしています。フリーズドライは水でふやかすと柔らかく食べられるので、老犬にもお勧めです。

ドライフード中心の方でも、酵素のサプリメントや善玉ドリンクをお勧めしています。総合栄養食に欠けている部分を補ってあげるご提案です。ペットのごはんって、毎日一緒のペットフードになりがちですよね。
人間に例えると毎日同じ料理を食べ続けるようなもの。
人間だけじゃなく、ペットも胃腸の調子を整えることが健康にはとても大切です。ペットが元気なうちから、活きた酵素を食事と一緒にあげたり、腸内細菌をサポートしたりすることは、長期的に見て後々違いが出てきます。

健康を維持する力が強いか弱いかって、飼い主さんにはわかりにくいですよね。足を引きずっているとか、ウンチの調子が悪いというのは見た目で症状がわかるので、「良くなるためにはどんな食べ物がいいですか?」と飼い主さんからご相談をいただきますが、健康を維持する力を高めたいというご相談はとても少ないです。私も以前そうでしたが、ペットの体調が崩れてから「何とかしてあげたい!」と思う飼い主さんは、まだまだたくさんいらっしゃいます。

善玉ドリンクは多くの場合の解決方法としてご提案できるものなので、ワンちゃん猫ちゃんが元気なうちから、健康維持のために始めていただけたらと思います。

子犬子猫の頃から習慣にすることで、健康寿命の差がついていきます。使い始めるタイミングは、体調が崩れてからではなく、「今」から始めてみませんか?
  • 善玉ドリンク ペット専用のEM発酵飲料。主に愛犬愛猫の毎日の飲み水に5~6滴、エサに3~6滴入れてあげることで、日々、健康な状態が維持できます。
  • 飲み込んでも安全なペット用の洗口液や歯みがきペースト、食事では不足しがちな酵素を補うサプリメントなど、ペットの健康に必要な商品を取り揃えている。
ペットショップ Dterrace(ディーテラス)
東京都立川市曙町2-5-1 伊勢丹 立川店 1階
TEL/FAX:042-512-8299
SNS:facebook.com/dterrace.jp




◆2. ケア 化学的な消臭方法しか知らないのが普通。だから、良い菌という解決策を知ってほしい。
お話【トーラス株式会社お客様サポート  課長 土屋  隆之理 さん 】


ペット用EM発酵液は、毎日シャンプーができないペットの体臭予防のために使用され、ペットの毛がふわふわ、サラサラになっているなど、毛づやの良さに気が付かれますね。

以前、長毛の猫に使って毛づやがよくなった理由を知りたいというお客様がいらっしゃいました。その方は、お手伝いさんに買ってきてもらった愛猫用のEM発酵液を内容をよく知らないまま使っていました。
そして、ある日ふと、猫をなでた時に、毛の指通りが良くなっていることに気付き、今まで毛が絡まって指に引っかかっていたのに、何か毛づやを良くするための化学的な成分が入っているのではないかと心配されて、お問い合わせくださいました。
世間一般では良い菌の働きがあまり認知されておらず、皆さん化学的な解決策しかご存知ないですね。

化学的な成分は一つの仕事しかできませんから、それが世間の常識になっています。
例えば、ニオイを消す成分で毛がふわふわになるわけがないと思いますよね。
でも、良い菌が悪臭の元になる菌や汚れを抑えると、ニオイも消えるし、毛もふわふわになります。これは、菌の力だからできることです。ペットを飼う人の悩みは、ペットのトイレのニオイと体のニオイ、そして口臭。
特に小動物はお風呂に入れられないので、ペット用のEM発酵液は画期的で「スプレーしてなでるだけで、ニオイが消える!」と喜ばれています。

悪臭の元が悪い菌だとすると除菌すればニオイは消えます。でも除菌剤は、良い菌にまで影響してしまう。そして残念なことに早く復活するのは悪い菌の方です。
だから、除菌剤を使い続けると、悪い菌の割合がどんどん増えてしまうというお話をしていくと、そういうことは知らなかったと言われるお客様が多いですね。

飼い主さんは、悪臭を消したい。でも、良い菌で消臭するという選択肢があることを知りません。ペットの世界もアレルギーやアトピーが増え、敏感肌が増えています。そういう子にも、化学的なものを使いますか?
ペットの身の回りで使うものは、ペットの気持ちになって、安心で良いものを選択してあげてほしいと思います。
 
トーラス株式会社
お客様サポート 課長 土屋 隆之理 さん (写真左)


3. 接し方 ペットの健康を守れるのは飼い主さんしかいないんです。
お話【トーラス株式会社 代表取締役 社長   赤津  徳彦 さん】


最初のペットをがんで亡くしましてね。最後は痛み止めも効かなくなり、24時間痛みと戦っている姿を見て、「なぜ、こうなるまで何もできなかったんだろう…」っていうのが自分たち家族の後悔でした。
犬の死因の第1位は何かご存知ですか?答えはがん。死因の53%です。つまり、皆さんも私と同じ立場になるかもしれないという話です。「ペットのことはわかんない」じゃなくて、わかるようになって欲しい。無知は罪だと思っています。苦しむのはこの子たちだから。

ペットのお世話って、皆さんごはんはあげる、散歩もする。でも、夕方のブラッシングと寝る前の歯みがき、この二つだけがスポーンと抜ける飼い主さんが多いんです。手間なので、やらないんです。人間でいうところの、お風呂と歯みがきですよ。自分だったら、1週間以上もお風呂も歯みがきもせずにいられますか?

ペットに対する姿勢として、飼い主さんの「子育て」の気持ちが大事です。私は「しつけ」という上から目線の言葉は使いたくないんです。
言葉がわからない者同士が、目線を合わせて、彼らの気持ちになって物事を考えていかないと、分かり合えないですよ。彼らは言葉を話さないだけで、私たちのことをよく見てます。休日しか履かないズボンを履くと、散歩!散歩!って吠えまくる。でもスーツを着ると、起きもしない(笑)。よく見てるからこそ、こちらもよく見てあげたい。

ペットがいる生活といない生活は大きく違います。一度でいいから飼ってほしい。大変なこともありますが、それでもやっぱり、それ以上の楽しみがあると私は思います。私は愛犬に学ぶことがたくさんあります。
動物と触れ合うことで、子どもも優しい子になっていきます。全然違いますよ、教育的な面でもね。

せっかく飼ったのなら、ペットも飼い主もお互いに快適に過ごして欲しいです。
普段からお手入れをしていればペットの体をよく見て、傷ができている、皮膚が赤くなっているなど、小さな変化にも気付けるようになります。
飼い主として最善を尽くせば、後悔しなくて済みます。どうぞ、ちょっとしたことに気付いてあげられる飼い主さんになっていただきたいと思います。
 
トーラス株式会社 代表取締役 社長
赤津 徳彦 さん