家庭でつくるEM基礎アイテム

EM生ごみ肥料を使った土づくり

生ごみを発酵させてできた肥料は、多種多様な栄養素が多く含まれているため野菜がおいしく育ちます。家庭内で資源循環ができるので、地球にもやさしく、肥料を購入する必要もありません。

準備するもの -土づくりをする場合-

  • EM生ごみ発酵肥料
  • EM活性液
  • EMボカシⅠ型
  • EMセラミックス
  • 被覆資材(マルチシート、枯れ草、落葉、稲わらなど) ※雨や風を避けるので土の保湿、保温効果を高め、土の表面が固まったり浸食されるのを防ぎます。
  • ジョウロ

土づくりの手順

作業時間の目安は1~2時間程度です。
  • ①畝を立てる場所を決め、地表から10センチ程度の溝を切ります。
  • ②溝にEM生ごみ発酵肥料とEMセラミックスを入れ、土と混ぜます。
  • ③土を被せて畝を立てます。
  • ④畝の表面に、薄くまんべんなくEMボカシⅠ型をまきます。
  • ⑤水で100倍に薄めたEM活性液を畝がしっとり湿るようにかけます。
  • ⑥2~3日すると、土の表面に菌糸で白くなります。数日後には消えるので、そのまま2週間寝かせて完了です。
ポイント
手順⑤の時に草、わら、もみ殻、マルチシートで畝の表面を覆うと、乾燥防止、善玉菌活性化、雑草対策に役立ちます。
土作りが無事に終わったら、種まきや植え付けを始めましょう。
まとめ
収穫が終わったら、 ①~④の作業を行うことで、続けて栽培ができます。EMと有機物の投入により、土の状態がよくなり、連作栽培も可能になります。繰り返すほど、土がよくなるのがEM栽培の特長なんです。

よくある質問

  • EM生ごみ発酵肥料を土に入れたら、カビが生えました。大丈夫でしょうか?

    大丈夫です。カビは生ごみが分解される過程で生えますが、分解が終われば消えます。
      

今回使った商品