スープ・汁物

重ね煮けんちん汁

スープ・汁物
●一番上に塩をのせる事!塩が野菜の甘みを引き出します。愛情も入れて蓋をして煮てね!
●野菜が柔らなくなるまで混ぜない!自然の法則に任せましょう。
●おみそ汁を作る場合は、ここに水と味噌を加えて煮るだけです。野菜のうまみだけで充分、だし汁も必要ありません。
●残った分は冷蔵庫で保存すれば、1週間くらい持ちます。
●蒸したじゃがいもを加えてポテトサラダやコロッケを作るなど、いろいろなアレンジを加えることができます。

用意するもの

●豆腐……200g
●ごぼう(ささがき)……50g
●人参(いちょう切り)……50g
●蓮根(いちょう切り)……30g
●玉葱(くし切り)……80g
●大根(いちょう切り)……100g
●さつま芋(いちょう切り)……50g
●しめじ……50g
EMてぃだの生塩……一つまみ
手仕込みそ……70g
海と山の天然だし ……700cc

作り方

1.豆腐は水切りしておくしめじは、石づきをとり、房わけしておく材料の野菜は、それぞれ切っておく。
2.鍋を用意し、下図のように材料を重ねて行く。
3.出し汁の半量(350cc)を入れ、火にかける。はじめは、強火で沸騰したら、弱火にしてやわらかくなるまで煮る(約20分)。
4.野菜が柔らかくなったら、豆腐を崩し入れる。
5.最後に、残りの出し汁に味噌を溶き鍋の中に入れ、ひと煮立ちさせ完成。
6.お好みで、ねぎを散らす。
 

重ね煮の法則

【法則】
野菜の重ね方に法則があります。
●下から水分の多い夏野菜、上に行くに従って水分の少ない冬野菜(根野菜)を入れていきます。
【理由】
下に水分が多い野菜を入れることで火があたると水分が蒸発して上に上がります。
上の冬野菜(根野菜)は重さがあり下がります。
そうすると対流が起こり調和していきます。だから甘くなります。
 
*注意 : 煮ている間は、かき混ぜないこと!
ポイント
●一番上に塩をのせる事!塩が野菜の甘みを引き出します。愛情も入れて蓋をして煮てね!
●野菜が柔らなくなるまで混ぜない!自然の法則に任せましょう。
●おみそ汁を作る場合は、ここに水と味噌を加えて煮るだけです。野菜のうまみだけで充分、だし汁も必要ありません。
●残った分は冷蔵庫で保存すれば、1週間くらい持ちます。
●蒸したじゃがいもを加えてポテトサラダやコロッケを作るなど、いろいろなアレンジを加えることができます。

今回使った商品

関連するレシピを見る!