スタンダードパートナー

EMショップ平塚 平塚忠次郎

地図
〒994-0012 山形県天童市久野本3-4-3
023-653-2905

海の日「全国一斉EMダンゴとEM活性液投入」とEMボカシ作り

2016年07月18日(月)

今年の海の日は、前日までの暑さを忘れるような天候で、時折さわやかな涼しい風に恵まれて作業をする事ができました。参加した28名は午後1時、集合した天童市倉津川にEM団子とEM活性液を投入しました。昔(?)遊んだキャッチボールを想い出して、皆童心に返り楽しみました。
そのあと移動、会員の桜井さんの好意で場所をお借りして、EMボカシ作りをしました。ミキサーと舟2台を使って3ヶ所での分担作業でしたが、皆さん慣れた手順で夕方4時までには全て完了しました。
暑い夏を越す事で順調に発酵してすばらしいボカシⅡ型が出来る予定です。これを使ってからだにやさしいおいしい野菜を作ろうと、参加された皆さん大変喜んでいました。

EM石鹸作りとEMダンゴ作り

2016年05月15日(日)

天童中部公民館にて、EM石鹸作りとEMダンゴ作りを開催しました。
天候に恵まれた当日、毎年人気の高い事業ですが、天童は今の時期田植えをはじめ、農作業が忙しい頃で、「残念ですが都合がつかないので欠席…」との方々が多く、22名の参加となりました。
出来上がったEMダンゴは7月18日(月)海の日の「全国一斉EMダンゴ・EM活性液投入」にあわせて、天童の倉津川に投入致します。時間をかけてていねいに作られたEM石鹸は各自牛乳パック1個ずつ持ち帰りました。
毎年恒例の事業という事もあり、皆さん自主的に動いてくださり、お陰様で少ない人数を感じる事なく、スムーズに作業完了いたしました。
終了後、今回参加された会員の方々に4月14日の熊本大地震の募金をお願いいたしました。
後日NPO地球環境共生ネットワーク様に支援金として送らせて頂きます。被災された方々の一日も早い”日常”が取り戻せますようにと心から切に願っております。

EM勉強会

2016年01月24日(日)

今年もEM農業勉強会を開催しました!
【第一部】
 講師に東根市でサクランボ・もも・りんご等、山形を代表する果樹をEM栽培で実践し、活躍されている髙橋クニ子氏をむかえての勉強会に、28名が参加致しました。最新情報で塩とニガリを入れた活性液の作り方と使い方、そして果樹作りへの技術のポイントをご指導頂きました。

【第二部】
 私のH27年度に栽培した野菜について、マルチを使ったジャガイモと従来通り、うねあげをしたジャガイモとの比較と反省点を、三年間連作している玉ネギとニンニクの様子、アブラムシとテントウムシダマシ対策方法等、パワーポイントを使って紹介しました。
 EMエコライフ天童も今年で八年目をむかえます。参加された会員さんはじめ、各自が”うでをあげ”て来れた、また会員同士のつながりも深くなりましたので、収穫した物を互いに求めあえるようなネットワークづくりを提案させて頂きました。もちろん会員外の方も是非ご一緒に!!益々微生物の力が拡がり、そして深まっていく皆様に心から感謝申し上げます。

2015年秋の収穫祭・EM勉強会を開催しました

2015年11月01日(日)

当日はラ・フランスマラソンや文化祭等の地域行事と重なり、残念ながら参加できない方が多い中でも34名が出席しました。
恒例の大鍋での芋煮はもちろんのこと、EM・X GOLDを入れて打った手打ちソバは例年以上に、おいしかった!おいしい!の声。味・香り・のどごしを大満足させていただきました。
おなかいっぱいに食べた後は、午後から”EMで美味しい家庭菜園”をテーマに勉強会を開催しました。EMを実践している会員さんばかりですが、講師のEM生活岩瀬さんのわかりやすい説明とご指導に、「まだまだ使用量が足りないナ…」等々、大変参考になる話を伺い、収穫の多い勉強会になりました。忙しいなか、大変ありがとうございました。

EMせっけん作りと家庭でのEM活用の仕方

2015年10月01日(木)

 恒例のEM石鹸作りの講習が行われました。今年度入会された方を含め、参加者31名です。4人1組の班に分かれて頂いただけで、会員同士で作業をスムーズに進めて頂けました。"さすが"です。完成した石鹸は、各自牛乳パック1個ずつお持ち帰りとなりました。
 その後、手作り石鹸とEMWを使っての家庭での活用方法の事例発表がありました。これから寒くなり、洗濯物も部屋干しする季節を向えますが、おまかせ下さい!!どんな所にも使うことのできるEM石鹸と活性液があれば、EM掃除で暮らしのニオイや汚れがキレイになります。続けるほど掃除がラクになります……EMWと同様に実感するさわやかな実践発表でした。
 最後に副会長の阿部さんから、米ヌカを使ったオリジナルの簡単ボカシの作り方と使い方の話がありました。