ベーシックパートナー

袋井はこべEMショップ

地図
〒437-0012 静岡県袋井市国本2946-1 インテリア川島内
0538-43-4410

小学校のプール清掃を行いました!

2018年05月29日(火)

静岡県袋井市立袋井北小学校にて、EMを活用したプール清掃を行いました。

1月に米のとぎ汁発酵液を330L投入し、プール底のヘドロやヌメリを分解させます。

そして、いざ水抜きをして清掃開始!
北小学校6年生の生徒たちと、デッキブラシを使ってゴシゴシ。
『軽くこすっただけで簡単にきれいになったよ!』
『ホースで流すだけでもピカピカ!』
『アメンボやトンボの幼虫がたくさんいるよ!』
などと、和気あいあいとした楽しい時間となりました。

『プールで流した水はどこに行くの?』
プールの水は河川や海に流れていきます。EMを使って掃除をしているので、
そのまま河川に流れても安全・安心!
さらには河川の浄化にも繋がるので、
EMプール清掃はイイ事尽くしなんですよ♪

袋井北小学校は、EMプール清掃を始めて10年になります。
また、全国にもEMプール清掃を実施している小学校はたくさんいます。
もっとたくさんの人に、EMの魅力を知っていいただいて
取り入れていただきたいですね。

  • 掃除中にみつけた小さな生き物。掃除中にみつけた小さな生き物。
  • 簡単に洗い流すことができました。簡単に洗い流すことができました。

無煙炭化器で炭を作ろう!

2018年05月16日(水)

農薬や添加物から子供たちの未来や地球を守ろう!
そんな想いを込めて、新たに知識を得るために、
自然農法普及指導員である、織田安雄氏をお招きし、
炭作りを行いました。

炭には土壌改効果があるといわれており、
EMや塩と合わせて使用するとさらに効果的です!

参加者の方からは、短時間で黒光りした炭ができて驚いた!
熾火はEM活性液で簡単に消火♪
など、とても有意義な時間を過ごしていらっしゃいました。

  • 真っ黒な炭になりました!真っ黒な炭になりました!
  • 忍ばせておいた芋も、美味しそうな焼き芋に…!忍ばせておいた芋も、美味しそうな焼き芋に…!

エコフェスタinふくろいに出展しました!

2017年12月26日(火)

毎年行われる、エコフェスタinふくろいに
袋井はこべEMショップが出展しました。

EM商品の販売はもちろん、
EMの活動事例の掲示や、EM活性液のミニ講習会も開催。

『EMって何?』『聞いたことはあるけどどんなことが出来るの?』など
疑問に思われる方が多くみられました。
講習会に参加した方からは、『EMってなんでもできるのね』『興味を持ったわ』などの
お声をいただくことができました。

もっともっと沢山の人に、EMが広まるといいですね。

  • EM商品を販売!EM商品を販売!

シャボン玉石けん講習会を開催しました!

2017年07月25日(火)

シャボン玉石けんの講師を招いて、講習会を行いました。

皆様のご自宅の洗濯機、掃除していますか?
綺麗に見えて、実は洗濯槽は汚れが溜まっているかもしれません…。
そんな時は、シャボン玉石けんの洗濯槽クリーナーを使うと、洗濯槽もすっきり綺麗になります。
ごっそり取れた汚れの動画を見て、参加者の皆様は驚愕…。

洗濯槽クリーナーの他にも、無添加で優しい使い心地の、
EMシャボン玉石けんシリーズもおすすめです。
ショップにて販売しておりますので、是非ご利用くださいませ。

発酵で豊かな暮らしを。

2017年05月29日(月)

【新入社員レポート】
発酵と聞いて最初に浮かぶのはどのようなものでしょうか。納豆や味噌のような食品が浮かぶ人が多いかもしれません。私は知らなかったのですが、「塩麹」も実は発酵食品です。
塩麹といえば、ブームになり当時は使っていた、興味を持ったけれど使うまではいかなかったという方もいるかもしれませんね。

EM生活に入社をして5月29日袋井はこべEMショップさんが主催する、発酵食品に興味のある方が集まる暮らしの発酵ワークショップに新入社員の研修として参加しました。私自身、食に対して特に意識はしておらず、まず発酵とはどういうものかといったところからの参加でした。このワークショップでは発酵とはなにかという基本的なところから、麹と麹菌の違いなどを学ぶことが出来ました。後半では実際に自分で米麹と塩と水を用いて塩麹を作ってみました。もちろん塩麹作りは初めてだったのですが、作り方は材料を全部混ぜるだけ。これだけで完成するとは思っていませんでした。こんな簡単な作業だけで発酵が体験できるのはとっても魅力的に感じました。
参加されている方々は、ご家庭で塩麹やほかの発酵食品である味噌などを手作りされていて、現役で発酵にかかわっておられる方が多いように見受けられました。そんな中で、私のような初心者も楽しく学ぶことが出来ました。ワークショップに参加されていた方々はとてもイキイキとされていました。世間のブームは去ったと思っていた塩麹や発酵に関して皆さんまだまだ意欲的で、様々な質問をされていました。最近TVメディアなどで塩麹の名前をあまり聞かなくなりましたが、日本の家庭に定着したため大きく取り上げる必要がなくなったのかもしれませんね。

今回実際に手作りした塩麹は塩分濃度が13%程度であり、普通の塩と比べると塩分量が約7分の1程度なので口あたりがまろやかです。また塩麹に含まれている酵素のプロテアーゼによりたんぱく質が分解されるので肉や魚は柔らかくなり、またその分解されたたんぱく質がアミノ酸に変わるため、旨味が増します。
日本には納豆や味噌などまだまだ多くの発酵食品が存在していますので、気になった方はぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

発酵は、(ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが)微生物の働きによるものとされています。発酵することで食品は元の食品にはない旨味が生まれより美味しくなります。さらに栄養価が高く保存が効く食品に変化していきます。また、今回のワークショップで学んだのですが、発酵という力が食品加工以外でも注目され始めているようです。乳酸菌や酵母などの善玉菌にはニオイを分解して、家の中そのものを発酵型の空間にし、植物の生育環境を良くする力があるそうです。その他にも家庭菜園やお掃除にもだんだん活用されて始めているみたいですよ。
このように発酵のワークショップには食品だけでない知識や興味が広がる種が転がっています。ぜひあなたも発酵ワークショップをチェックして参加してみてくださいね。このような菌と暮らすライフスタイルを通して、みなさまの普段の生活がより豊かに、より健康的に送れるようになればいいなと思います。


▼暮らしの発酵ワークショップのスケジュールはこちら

  • 講師として活動する発酵のプロである葛山佳代子さんの説明の元、皆さん楽しそうに塩麹を作りました。講師として活動する発酵のプロである葛山佳代子さんの説明の元、皆さん楽しそうに塩麹を作りました。
  • 市販で売られている物より自分で作った物の方が美味しく感じますね。市販で売られている物より自分で作った物の方が美味しく感じますね。