健康と食・キッチン雑貨

角型保存パック(ザル付)

  • 水切りの角型保存パック。フタを外せば電子レンジでも使える。

  • ザル付き

  • 野菜、豆腐の水きりに

  • 使用イメージ

お料理上手の必需品、水切り付の角型タイプ

食品をおいしく元気に保つ「エンバランス鮮度保持容器 角型 2100ml」のザル付きタイプです。豆腐の水きりやサラダの保管に便利な水きり付。フタをはずせば電子レンジでも使用できます。

  • 2100ml(158×220×H81mm)2,592円(税込)

エンバランスとは?

「エンバランス加工」はEM・X GOLDや必須ミネラルを含んだ水を、容器などの素材であるポリプロピレン、衣類の素材であるポリエチレンなどと、水熱化学の理論を用いて反応させる加工技術です。
素材からこだわり、良質の水、厳選した素材を用いています。
容器類は食品の鮮度保持にも役立ちます。効果は持続しますので繰り返し長くご愛用いただける、環境に優しい素材です。

エンバランス加工って何がいいの?

ところで、プラスチックの素材が違うだけで野菜の鮮度は本当に保たれるの?
そんな疑問にお応えして、エンバランス加工したチャック袋と市販のポリ袋に入れて比較実験をしてみました。
エンバランス加工した袋では、キウイフルーツの栄養素である還元型ビタミンCが市販のポリ袋より保たれています。
痛みやすい葉野菜も、エンバランスではより長持ち!
エンバランスのチャック袋に入れておくだけで、鮮度が保たれていることがわかります。
旅行などで連日に渡り自宅にいられない時でも、安心して冷蔵庫に野菜を入れておけますね!

天然酵母パンが人気のベーカリーでもエンバランスは活躍!

奈良県にあるベーカリー&レストラン「アルペンローゼ」では、厳選した無農薬・有機栽培の野菜やハーブを使って、ピクルスやマスタードなどの加工食品は全て手作り。また自家製の天然酵母を100%使用した無添加のパンをフランス製のレンガで作った石窯を使い、じっくりと焼き上げています。

安全安心のこだわりを追求するために、食品保存や手作りの発酵・熟成食材の保管、またレストランでの飲料水の容器など、あらゆる場面でエンバランスを活用。手作りしているピクルスやオリーブ漬けをエンバランス容器で保管すると失敗なく熟成するので、とても美味しくなるそうです。

本物の美味しさを追求「アルペンローゼ」の記事はこちらから >>

・ピクニック等の食材入れに
・漬物容器としてそのまま冷蔵庫へ
・冷蔵庫でケーキなど生菓子を保存する時の乾燥予防
・水につけながらの保存に
・洗ったカットサラダの保存

素材

容器(本体・ザル):ポリプロピレン
フタ:ポリエチレン
 

耐熱温度

本体・ザル:-20~140℃ (電子レンジ使用可能)
フタ:-30~60℃ (電子レンジ使用不可)
・ご購入後、洗浄してからご使用ください。
・洗浄の際には指などを傷つけないよう端部に気をつけてください。
・火のそばに置かないでください。
・冷凍庫から出した直後は衝撃を加えると割れやすいため、お取扱いにご注意ください。
・直火、オーブンでは使用しないで下さい。
・自動食器洗い乾燥機をご使用になる時は、自動食器洗い乾燥機の取扱い説明書に従ってください。
・フタは自動食器洗い乾燥機のご使用をお避けください。
・熱い食品は、よく冷ましてからフタをしてください。
・横にしたり振ったりすると汁が漏れるおそれがあります。
・たわし・みがき粉等固いものでこすり洗いすると傷がつくのでお避けください。
・冷凍庫での製氷のためのご使用はお避けください。
・ヒビが入ったり、欠けたりしたものは使用しないで下さい。
・ご使用になる間はこのパッケージを大切に保管してください。

【電子レンジご使用時の注意】
・加熱時はフタを外してご使用ください。
・電子レンジから取り出すときは、容器が熱くなっていますので気をつけてください。
・油の多い食品の加熱料理は、食品の温度が非常に高くなる場合がありますので、解凍までにとどめておいてください。
・糖分の多い食品(チョコレートなど)の加熱調理には使用しないでください。急激に温度が上がり、耐熱温度を超えることがあります。
・オートセンサーによる加熱、オーブン機能との同時過熱には使用しないでください。
・アルミホイルなどの金属製のものでフタをしないでください。火花が飛び散り危険です。
・容器に記載しております、耐熱温度の範囲内でご使用ください。

よくある質問

  • 食品の酸などでエンバランス容器は溶けたりしないの?
    食品の酸などではエンバランス容器は溶けませんので、ご安心ください。
    また、食品衛生法の器具・容器包装の規格基準に適合していますので、安心してお使いください。    
  • エンバランス容器に使っているプラスチックは安全なの?
    エンバランスシリーズに使っているプラスチックは燃やしても有害な環境ホルモンを発することはありません。
    また一般的なプラスチックは樹脂に抗菌剤など様々な添加剤を加えて作られていますが、エンバランス容器は純粋に近い状態の樹脂にエンバランス加工だけを行っています。      

  • 食品が直接エンバランス容器に触れていなくても効果はあるの?
    食品が直接エンバランス容器に触れていなくても鮮度は保持されます。
    野菜を買った時に入っているポリ袋に入れたままエンバランスのチャック袋や容器に入れていただけます。特に葉物の野菜は1ヵ月近く鮮度を保ちます。         

    ※ご使用環境や食品の種類、個体により保持力に差が生じることがあります。
    また、食品の種類によっては向き不向きがあります。

関連する商品
一覧へ