TwitterFacebook

「蘇生」 Revival 白鳥哲監督

見返りを求めない愛と微生物が地球を救う

国が進める福島の放射能汚染対策は、放射線量の高い表土を削り、袋詰めし、一か所に集めて保管するという方法。それは放射能問題の未来への先送りであり、根本解決にならないという強い危機感から、白鳥哲監督は、2015年公開の映画『蘇生』の中で、放射能汚染の本質的な解決の糸口が微生物にあるというメッセージを発信。

その後の追跡取材によって、微生物(EM)散布の成果や研究機関による検証実験結果、微生物技術の進化が明らかになってきた。そこから導かれた白鳥監督の一つの確信が続編の映画『蘇生Ⅱ ~愛と微生物~』で描かれる。

白鳥哲監督からのメッセージ

どんどん悪化する地球環境の汚染と破壊の解決策を模索する中で、私は微生物と人間の意識という重要なキーワードにたどり着きました。

3年の月日をかけて製作をした『蘇生Ⅱ~愛と微生物~』で伝えたかったのは、福島の放射能汚染の区域内で、自然を破壊することなく、微生物の力で安全かつ健康に生活できる環境を実際に作り出している方々の実話や、科学的な研究の裏付け、そして「私たちの意識が、自分自身の健康や地球環境に大きな影響を与えている」という事実です。

微生物の技術と私たちの愛ある心が合わさった時、問題解決の道が現れ、それは見返りを求めない精神と具体的な行動によって実現しました。これは、人類の希望のたねだと思いました。この作品によって、具体的に一人一人の日々の生き方に気付きと変化が生まれることを望んでいます。

映画監督・俳優・声優もこなす白鳥哲監督。
映画『祈り』は、ニューヨークマンハッタン国際映画祭グランプリなど数々の国際映画祭で賞を受賞し、劇場上映期間3年3か月という国内歴代一位のロングランを達成。
過去に製作をした劇場公開用作品としては、
『ストーンエイジ』(2005)、『魂の教育』(2008)、『不食の時代~愛と慈悲の小食~』(2010)、『祈り~サムシンググレートとの対話~』(2012)、『蘇生』(2015)、映画『リーディング~エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋。~』(2018)などがある。

完成披露試写会

2019年7月7日 東京・新橋にて『蘇生Ⅱ~愛と微生物~』完成披露試写会が行われました。
参加された方々の素敵なご感想を動画でご覧ください!

各界著名人コメント

公益財団法人 五井平和財団理事長 西園寺裕夫

本当に素晴らしい映画を作っていただいて、みんなに勇気を与えていただきました。
3.11の原発事故のあと、福島ではもう数十年はここに住めないだろうなという気持ちがあったと思いますが、こういう映画を見せていただけるとすごく希望が湧いてきます。

改めて自然の力は素晴らしい、その力がまさに蘇生をしてくれるというのを強く感じました。

公益財団法人 五井平和財団会長 西園寺昌美

原発事故で壊された自然が、微生物によって蘇生されている事実に感動しました。これを映像の力で伝えられた白鳥監督には感謝しかありません。

どんな立場の方々が見ても国や言葉を越えて、この作品からすべてを理解できると思います。多くの人たちの原点となる絶対に見てもらいたい作品です。私たちのつながりがあるネットワークの方々にもお伝えします。

京都府立医科大学名誉教授 棚次正和

今後、地球世界にパラダイムシフトが起きると思うのですが、白鳥監督は、その方向性をいろんな角度から探っておられて、それを映画化されている監督だと思います。
パラダイムシフトというのが日本から始まるのではないか、その先駆的働きをしているのは白鳥監督、この映画だと思います。
この映画が多くの方に見られることを願っております。
比嘉先生のEM菌の研究というのもひょっとしたら日本から食料革命が起こるのではないかなと思っております。
見返りを求めない愛の話や、祈りの話をされていましたけれども、科学技術の面でもやはりもっと意識を取り入れた高次元科学っていうのがきっと起きるのではないかなという気がしておりまして、おそらくそういう話で比嘉先生の話はつながるところがあるのかなと思っております。

脳神経外科医・医療法人照甦会理事長 杉本一朗

監督の映画は祈りから『蘇生』、『リーディング』、そして今回の『蘇生Ⅱ』まで観させていただきましたが、祈ることが最終的に愛と微生物をつなぎ合わせるということをしみじみ感じた映画で、解決策を明確に提示してくれる本当に希望が持てる映画だったと思います。

白鳥監督や比嘉先生にはもう明確なゴールが見えていて、みんなが聞きたくない見たくないといったところを見せて、これからの地球のために僕らが何をやらなければいけないのか、という道しるべを提示してくれた映画だと思います。

波動カウンセラー 吉野内聖一郎

『蘇生Ⅱ』ということでしたので、EMをはじめとする微生物のお話が中心になるのかなと思って来たのですが、実際に観て、映画のタイトルは『蘇生Ⅱ』ではありますが、祈り2でも良いような内容だと思いました。最後は『リーディング』の恩寵のようなメッセージが込められていまして、結果的に、白鳥監督の伝えたいこと、すべての映画で伝えたい内容が今回の映画には入っていたのかなと思いました。

(白鳥哲監督公式HPより転載 http://officetetsushiratori.com/

白鳥哲監督、キャストインタビューをご覧いただけます

微生物の助けを借りて、私たちの愛が地球を救っていく

映画に込められた希望”今、伝えたいこと”がある

白鳥晢監督 映画製作インタビュー(Youtubeへリンクします)

関連リンク