TwitterFacebook

蘇生的な生活

微生物の存在を意識するEM生活

微生物は、私たちの体、空気中、土の中、
ありとあらゆるところに存在している。
微生物バランスが善玉環境に整うことによって、
地球も人も健康になる。

微生物は目に見えないけれど、
私たちを支えてくれている存在。
微生物を意識した時、生活が変わり、地球がよみがえる。
地球も人も笑顔になるEM生活、始めてみませんか?

EM(有用微生物群)とは?

EM(通称:EM菌*)はEffective(有用な)Microorganisms(微生物たち)の英文の頭文字に由来しています。
その名の通り、特殊なひとつの菌ではなく、乳酸菌や酵母、光合成細菌など、
どこにでもいる微生物で、人間にとっていい働きをしてくれる微生物の集まりです。
*「EM菌」という菌は存在せず、EM中の微生物の集合体の総称として広く使われています。

お掃除・お洗濯から始める「蘇生」

微生物たちは、汚れた海や川をキレイにするチカラがありますが、微生物たちは私たちのくらしの中でも汚れやニオイを分解してくれます。EMを使えば、ホコリや汚れがつきにくくなったり、嫌なニオイが再発しにくくなったり、掃除がどんどん“楽しく”“楽(ラク)”になってきます。
自然の浄化システムをおうちの中に。目に見えない小さな生き物のチカラを借りて、くらしのキレイを整えませんか?

家庭菜園から「蘇生」へ

おいしくて新鮮な野菜を食べたいなら、家庭菜園がイチバン!土の中にはたくさんの微生物がいますが、その微生物環境を善玉菌優位にすることで、病気にも負けず、虫もつかない健康な野菜が育ちます。家庭から出る生ごみをEMで発酵肥料にすれば、生ごみの削減につながり、環境保全につながります。

食卓から向かう「蘇生」

日々の「食」に目を向けて、環境保全型の農作物を選ぶ、自分の体にいる微生物が喜ぶ食事をする。そうした日々の積み重ねが、大地や水を汚染せず、ずっと私たちが健康で楽しく生活をするための秘訣。
毎日おいしく食べることからでも、「蘇生」的な生活を始められます。

蘇生の事例を見る