お知らせ

水源の池 微生物で浄化作戦(中日新聞)

お知らせ
2015年8月11日(火)付けの中日新聞(豊田版)で、愛知県産EM美味米をつくってくださっている株式会社中甲さんの取り組みが取り上げられました!

作業員としてEM活性液を撒いているのは弊社社員です(^◇^)

以下、本文より -------------------------------------------
水源の池 微生物で浄化作戦
 400haの広大な農地で稲作をしている豊田市前林町の「中甲」が10日、水源の一つとしている地元のため池で美声うつを用いた水質改善に取り組み始めた。農薬と化学肥料を減らした特別栽培米の生産につなげる試みだ。
 ため池は西岡町にあり、中甲の水田を含む一帯の12haを潤している。この日は乳酸菌や酵母、光合成細菌等を含んだ液体10トンを、ポンプを使って池へ流し込んだ。
 中甲は8年前から水田の一部に微生物群を散布し、農薬や化学肥料を5割以上減らした特別栽培米を清算してきた。今回の取り組みは水源から浄化する狙いがあり、中甲社長の杉浦俊雄さん(48)は「品質、味とも安定した良い米づくりにつなげたい」と話す。
 池を利用する地域の農家も集まり、「おいしい米ができるといい」と話しながら作業を見守った。(河北彬光)