EM生活を楽しむ人々

子どもと一緒でも安全で安心。EMだから、掃除が癒しの時間に。

お子さんの幼稚園入園をきっかけにEMと出会い、今では家族みんなでEM生活を実践中の松山さん。のびのびと元気なお子さんたちとのお掃除タイムにお邪魔しました。

取材日: 愛知県 松山マキさんご家族

EMとの出会い

元々子どもや家族のためにも、できるだけ体や環境に良い生活を送りたいと心がけていた松山さん。
 お子さんの幼稚園の入園をきっかけに、幼稚園のママ友からEMを教えてもらい、生活の中でEM活用を始めました。今では一緒に生活のすみずみにEMを活用しています。

お子さんたちが通う幼稚園も、お母さん達で定期的にEMを使った掃除をされているとのこと。はじめて幼稚園の部屋をEMで拭き掃除した時は、出かけていた子どもたちが帰ってきてから、「なんか気持ちいい!」と言ったので、掃除したことすら知らないのに、子どもの感覚はすごい!EMすごい!と驚いたそうです。
  • バケツの水にEM活性液を入れます。
  • 雑巾しぼりも慣れたもの!
  • バケツに残った水は、EMが入っているので、庭木の水やりに。

危ないからダメ!が減った

EMだけで掃除をするようになってから、お掃除の時間が癒しの時間に変わった、という松山さん。
「化学合成洗剤を使っていた頃は、掃除の時間は、子どもが洗剤に触ったり、間違って飲み込んだりしないように、常に子どもの動きを気にしてピリピリしている時間だった。それがEMだけ使うようになって、逆に掃除が癒しの時間になったの。以前は、掃除中に子どもが近付いたり触りそうになったら、体に害だから叱らないといけない。

そのことがすごくストレスだったけど、EMは化学合成洗剤と違って、噴霧液は浴びたり、掃除中に子どもが触っても平気。だから逆に『きれいになったね!』『いい菌がついたね!』と、一緒にEMでの掃除を楽しんでいます。EMが安心して活用でき、いい環境に整えてくれるおかげで子育て中のストレスが癒しに変わった。とても大きな変化です。」

お話を伺っているそばでは、お子さんたちの笑い声と、「シュッシュする~!」と元気な声が上がっていました。
  • うすめたEM活性液を窓ガラスにシュッ!
  • スプレーしたら窓拭きです。
  • お気に入りのぬいぐるみを外に持ち出してしまっても大丈夫。以前はその度に水洗いしていたから、「外へ持って行ったら今日は一緒に寝れないよ」と我慢させないといけなかったけど、今はEM活性液をスプレーすればOK。
ポイント
EMは安全な善玉菌の発酵液だから、安心して子どもが扱えます。
だから、楽しく笑顔でお掃除ができるんですね!
 
関連する記事を見る