よくある質問

会員登録について

会員登録をしましたが、仮会員メールが届きません。
ご登録いただいたメールアドレスが正しいかご確認ください。
正しい場合、迷惑メールフィルタの影響により受信できなかった可能性がございます。
迷惑メール設定で、ドメイン(em-seikatsu-tsuhan.co.jp)からの受信を許可するよう設定をお願い致します。
設定が終わりましたら以下のリンクより仮会員登録メールを再送してください。
退会する方法
ログイン頂いた後、MYページから退会手続きへお進みください。
パスワードを忘れてしまった
パスワードがご不明な場合は、下記のリンクより
パスワードの再発行を行うことができます。

ご注文について

電話やFAXで注文できますか?
お電話やFAXでもご注文を承っております。
・お電話の場合
 以下の電話番号までお電話ください。
 TEL:0120-850-531(月~金曜 9:00~15:00)
・FAXの場合
 専用のFAX注文用紙にご記入の上、FAX下さい
 FAX:052-703-7022
定期的に購入したいのですが、定期購入できますか?
「EMX GOLD 500ml」に限り、定期購入サービス「定期便」がございます。
オンラインショップ、お電話、FAX、ハガキにてお申し込みいただけます。
○オンラインショップからのお申込みのみ、クレジット自動引き落としのお支払いが可能です。
詳しくは案内ページをご覧ください。
セット割引やまとめ買いの割引はありませんか?
申し訳ございません。セット割引やまとめ買いの割引は現在行っておりません。
定期的に購入したいのですが、定期購入できますか?
前払いのお支払を選択された方を除き、基本的にご注文をいただいた翌営業日に出荷手続きをしております。
前払いのお支払の場合は入金を確認次第、翌営業日に出荷手続きを行います。
※天候や交通網により配送が遅れる事がございます。あらかじめご了承ください。

お支払いについて

どのような支払方法が利用できますか?
お支払い方法詳細よりご確認ください。

返品・返金

返品・返金はしてもらえますか?
商品に不良がある場合に限り、返品交換させていただきます。
その場合、弊社までご一報いただき、該当商品を着払いでお送りください。
すぐに良品をお送りいたします。

EMについて

EMとはなんですか?
EM(通称:EM菌*)はEffective(有用な)Microorganisms(微生物たち)の英文の頭文字に由来しています。その名の通り、特殊なひとつの菌ではなく、乳酸菌や酵母、光合成細菌など、どこにでもいる微生物で、人間にとっていい働きをしてくれる微生物の集まりです。
*「EM菌」という菌は存在せず、EM中の微生物の集合体の総称として広く使われています。
EMの特徴を教えてください。
EM(有用微生物群)には次のような特徴があります。
1.嫌気性(空気を嫌う)微生物と好気性(空気を好む)微生物が共存しています。
2.安全性が第三者機関によっても十分に確認されており、使用し続けても人や環境に対して一切無害です。
3.大量に増やす(培養する)方法を公開していて、誰でも安く、簡単にたくさん使用することができます。
4.30年以上の使用実績と世界55ヶ国で製造され、約150ヶ国に技術や情報が伝えられています。
これらを踏まえ安全、ローコスト、ハイクオリティで持続可能な要件を満たす技術として、様々な可能性を持っています。
EMに含まれる微生物が「光合成細菌」「乳酸菌」「酵母」の3つである理由は?
開発当初、EMは、食品分野や自然界から5科10属80余種の安全で有用な微生物を収集し、製品化しました。その後、EMが世界中に普及するにつれて、各国の法律によって求められている品質基準や、一つ一つの菌種に対する煩雑な登録作業が求められたため、EMの登録微生物を少なくしても同じ効力を保つ研究や、従来以上の品質のEMを製造する技術開発を続けてきました。
その結果、光合成細菌、乳酸菌、酵母の標準タイプのものが同時に共存していれば、環境中に増殖する過程において、放線菌、コウジカビ、納豆菌などの有用菌は、自然に増殖するため、結果的に施用現場においては、開発当初の5科10属80余種のEMと基本的性質は保持されていることが明らかになってきました。
現在のEMは、光合成細菌、乳酸菌、酵母を必要不可欠な3種と位置付け、それ以外にも、地域での環境にあわせ、pH3.5以下の条件で共生でき、環境や人体に無害である微生物との組み合わせで作られています。
活性液とはなんですか?
EM1に基質(エサ/糖蜜など)を与えて培養させたものです。
基本的に使い分けや使用方法に違いはなく、ご自宅で、EM1糖蜜があればご自宅で作ることができるのでとても経済的です。
活性液の作り方は「資料ダウンロード」ページの「EM BOOK No.1(PDFファイル 1.92MB)」をご覧下さい。
EMが口に入っても大丈夫なのですか?
EMは、乳酸菌や酵母などの有用な微生物の集合体で、肌に触れても問題ありません。
万が一口に入っても、全く害のない微生物を使用しています。
EM活性液は日光に当ても大丈夫ですか?
光に当てても大丈夫です。寒い時期は温かい窓辺やビニールハウスの中など日光からの熱が保たれている環境に置いておくと培養がスムーズに進みます。 日光を当てなくても、温度が適切であればきちんと培養できますが、EMを構成する主要菌のひとつ・光合成細菌は日光を好みますので、光をあてた方が、光合成細菌が増えやすくなります。