健康編

経皮毒について考える

洗剤・柔軟剤の「におい」は社会問題

私は 一 般的なシャンプーやリンス、ボディーソープを使わなくなって久しくなりました。出張先でホテルに泊まっても、頭と顔は特に洗いすぎないように注意しながらEM石けんだけで全身を洗っています。それに慣れてきた影響なのか、芳香剤のにおいが嫌いになってきました。出先でのトイレ用芳香剤は耐え難く、ハンドソープも手に香りが残って不快な上に、かなり濯いでも取れません。
その目で世間を見渡しますと、様々な洗剤や柔軟剤、シャンプーやリンス、除菌関連などのCMが繰り広げられています。香りが持続するとか、香りが変わるとか、良いイメージを植え付けられていますが、これらは単なる化学物質汚染の拡大であります。化学物質過敏症の方は以前にも増して、身近に氾濫する「香り」により日常生活が不自由になったとおっしゃっていました。
2013年に国民生活センターへ柔軟仕上げ剤の臭いに関する相談が急増しているという記事がありました。「柔軟仕上げ剤を使ったら、せきが止まらなくなった」「隣人の洗濯物の臭いがきつくて頭痛がする」といったものです。同センターは「臭いに敏感な人は商品表示をよく見ましょう」「自分にとって快適な臭いでも他人が不快なことがあるということを認識してほしい」と呼びかけていますが、良い香りの「匂い」なのか、悪臭の「臭い」なのか、状況や程度によって判断基準は変わります。今や「におい」は1つの社会問題です。

化学物質を肌から吸収している

「におい」のあるものはすぐに気が付くことができますが、私たちは「におい」のしない化学物質を知らないうちに肌から吸収していることには、あまり気づいていません。「経皮毒」と呼ばれる概念は、「日常使われる製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されること(ウィキペディアより)」です。
これは、何が問題なのでしょう。当然、物質の成分は薬を飲んだときと同じく、経皮吸収された後に血液に乗って全身へ行き渡ります。シャンプーやリンスは入浴時に使いますが、温まった身体の皮膚血管は拡張しているので、経皮吸収率は更に上昇します。
体内に吸収された化学物質がどの程度排出されるかは不明ですが、緑色の羊水だった方を知っていますし、芳香剤の香りがする羊水を経験された産婦人科医も知っています。これらのことは、何らかの方法で吸収された化学物質が体内に蓄積する可能性も否定はできないということなので、皮膚からの吸収経路も記憶の片隅に置いておきましょう。

生殖器は腕の40~50倍の経皮吸収率!

経皮吸収率は場所によって異なります。腕の吸収率を1とした場合、足の裏0.14、手の掌0.83、背中1.7、頭部3.5、脇の下3.7、おでこ6.0、頬13・0、男性の陰嚢42・0、女性の陰部50.0、というデータがあります。注目すべきは陰部で、格段に高い吸収率を誇ります。
そもそも、化粧品は「染み込む、染み込む」って、経皮吸収させることが目的ですよね。地肌についてはいけない毛染めやパーマ液はどうでしょうか。頭皮も皮膚であり、腕の3.5倍の吸収率になっています。慢性的な手荒れや体調不良を来しても、化学物質まみれの美容室で我慢して働き続けている美容師さんも多数おられます。乾いた衣服であろうと、汗をかけば溶け出して経皮吸収されることもあるでしょう。下着は直接肌に触れるので、特に気にしたいところです。

下着からの経皮毒を考えよう

大切な素肌へは、下着の素材をオーガニックコットンやヘンプ(麻)にして、使う洗剤も信頼できるメーカーで、安全安心の天然系にして体と環境の健康を考えましょう。経皮吸収は起こらないという医者もいますが、長くじっくり効果を発揮したいときに使う経皮薬剤があることを忘れているのでしょう。即効性の場合は舌下錠や座薬で粘膜から吸収させます。経皮吸収は必ず起こりますね。
では、“ふつう”に考えてみましょう。赤ちゃんのフワフワお肌、ツルツルポワンポワンのお尻にケミカルオムツ(※)をあてがい、限界までオシッコを吸わせて蒸れ蒸れのまま履かせ続けることは健全でしょうか。経皮吸収を意識される若いママさんで、布オムツへ戻す方も増えてきました。脱ケミカルだけではなく、オムツの交換回数が増えるので赤ちゃんとのスキンシップ回薬で粘膜から吸収させます。経皮吸収は必ず起こりますね。
では、“ふつう”に考えてみましょう。赤ちゃんのフワフワお肌、ツルツルポワンポワンのお尻にケミカルオムツ(※)をあてがい、限界までオシッコを吸わせて蒸れ蒸れのまま履かせ続けることは健全でしょうか。経皮吸収を意識される若いママさんで、布オムツへ戻す方も増えてきました。脱ケミカルだけではなく、オムツの交換回数が増えるので赤ちゃんとのスキンシップ回数が増え、悪い事だけではありません。出掛けるときはケミカルで、自宅では布という方もおられます。
また、女性の皆さん。高い経皮吸収率を誇る陰部に、経血が染み込んだケミカルナプキンを当て続けることは健全でしょうか。経血が戻らなくとも、蒸れれば何かが揮発する可能性はあるでしょう。布ナプキンに変えたところ、経血が減った、生理期間が短縮した、生理痛が軽減したなどの話しを多数伺っています。多い日はケミカルにするとか、布の外側にケミカルを併用する方法もあるようです。
ただ、不用意に漠然と経皮毒を恐れるのではなく、ある程度は吸収されるという前提を知った上で、ご自身のライフスタイルを考慮し、できる範囲で対策を講じて楽しく生活する寛容の精神が大切です。私たちは便利さに慣れてしまったので、不自由への完全移行は難しくなっています。できるところからこつこつと生活の改善を実践していただきたいと願っております。
医学博士 田中 佳 氏
昭和60年に東海大学医学部卒業後、同大学附属病院脳神経外科助手を経て、市中病院で急性期医療に長年携わる。脳神経外科学会および抗加齢医学会の専門医となり、悪性脳腫瘍に関する研究で医学博士を取得。
現在は、予防医学、教育講演活動、執筆活動に取り組んでいる。
主な著書「健康自立力」「続・健康自立力」(メタモル出版)、「健康の原点は食と腸にある」(きれい・ねっと)