TwitterFacebook

微生物と蘇生

いい菌を味方につければ、私も地球も元気いっぱい!

地球 空気 土・水 食 常在菌

「微生物」や「菌」と聞くと、物を腐らせたり、私たちを病気にさせたりするものだと思っていませんか?たしかにそのような菌はいます。しかし、それは一部であって、乳酸菌や酵母などなじみのある微生物(いわゆる善玉菌)は食品をおいしくしたり、私たちを健康にしたりしてくれます。

食品添加物、放射能汚染、残留農薬等、食に関する不安は色々。私たちが健康であり続けるためには、私たちの体にいる微生物を善玉環境に整えることと、安全な「食」がとっても大切。でも、安全な作物のためには、健康な土とキレイな水が必要になります。それはつまり、空気を含めた、地球全体が健康でなければならないのです。

私の体は微生物だらけ?!

悪いものなんかじゃないよ。だってボクたちのからだは

「私たちの体にいる微生物」の代表格といえば腸内細菌。ヒトの腸の中には、100種類以上、100兆個以上もの微生物がいると言われています。体の中だけでなく、皮膚にも常在菌と呼ばれる細菌が1平方センチメートルあたり約10~20万個も存在し、口の中にも数百種類の細菌が存在しています。

一方で、私たちの体は60兆個の細胞でできていると言われています。腸内細菌や皮膚、口の中以外にも、体中のあらゆるところに微生物がいて、その数は何と、1000兆個(※)!つまり、私たちの体は自分の細胞の10倍以上の微生物で構成されているのです。

※日経サイエンス2012年10月号 特集 マイクロバイオーム~細菌に満ちた私~参照

微生物の健康への貢献度

いい微生物たちは、私たちの健康にとって、とても大切な働きをしています。
①悪者(病原菌)から自分の身を守るバリアをつくる
②体をつくるための種類豊富な栄養素をつくる
③免疫細胞の働き過ぎを調整することなどです。

バリア > 栄養素 > 調整 微生物のバリアで守られている

例えば、人体は弱アルカリ性ですが、皮膚表面は弱酸性です。皮膚常在菌が皮脂を食べて乳酸などの有機酸を排泄しているために弱酸性になります。この酸性が悪玉菌の繁殖を防いでくれています。ですから皮膚常在菌を洗いすぎて除菌してしまうと、皮膚は弱アルカリとなり、この環境では悪玉菌が発生しやすくなります。

また、東京大学の服部教授の研究によれば、ある種のビフィズス菌が作り出す酢酸が、O-157が作り出す毒素の血液中への吸収を防ぐことがわかりました。常日頃から発酵食品などで善玉菌を摂り続け、共生関係にある腸内細菌叢を善玉化し続けると、病原菌を物ともしない豊富な腸内細菌叢(様々な菌が共存共栄している状態)になる、ということです。

健康な土を支え、元気な野菜を育てる微生物

共生

私たちの体が微生物によって支えられているように、植物も微生物によって支えられています。植物は、体内でつくった栄養分(糖、アミノ酸、ビタミンなど)を根から出します。すると、微生物たちはごちそう目当てに根の周りに集まってきます。微生物も、土の中の有機物を分解して栄養分を植物に与えます。つまり、微生物環境が整った健康な土は、元気でおいしい農作物を育てます。


「人は食べたものでできている」と言います。私たちが健康に暮らすためには、元気な農作物が必要で、元気な農作物を育てるには、健康な土が大切なのです。
もっと詳しく

水環境を健全に保つ微生物

僕たちの仲間がすべての生物を支えているんだね。

もうひとつ、元気でおいしい農作物をつくるために大切なのが「水」。
酸性雨で作物がやられてしまったり、様々な要因で川が汚染されてしまったら、
それを吸収している作物は元気に育ちません。私たちの体も60%が水分でできています。
汚染された水を飲んでいたら、私たちも健康になれません。
作物にとっても、人間にとっても、健康を害しない水環境はとても大切。


そうした水環境を支えているのは、微生物です。
川や海の中の生態系ピラミッドを考えた時、
魚や貝類等は動物性プランクトンを食べ、動物性プランクトンは植物性プランクトンを食べ、
植物性プランクトンは、微生物がつくりだした栄養成分を食べて生きています。
つまり、生き物たちの生命を支えている、一番土台の部分を微生物たちが支えているのです。

発酵パワーでせっせとお掃除!

さまざまな生き物たちが元気に生活し調和が取れている状態では、
それぞれが良い力を及し合って、有害なものを分解する、自然の浄化力が保たれています。
とりわけ微生物は自然界の有能なお掃除役。生き物の死骸、植物のくずなどの有機物を分解し、再び生き物たちの栄養源へと変えてくれます。
自然の浄化力を高め、汚染されていない水環境のためにも、微生物の力が必要です。

微生物が人と地球を元気にする

いい土、いい水、いい空気・・・つまり、地球環境全体が健全な状態でないと、
私たちは健康に暮らしていけません。
「自然と人間」「地球と生活」という二分されたものではなく、
常に私たちは地球の中で暮らし、多くの生物たちによって生かされています。
土を支え、水環境を支え、そして、私たちの体自体も支えてくれている微生物。
有用な微生物を味方につけることで、私たちも地球も一緒に健康になって行きます。

微生物ってなに?