結のエビの解凍方法と背わたの取り方

  • 主菜
結のエビをよりおいしく召し上がっていただくための解凍方法と背わたの取り方を紹介します。ぜひお料理の際の参考にしてみてくださいね。

用意するもの

結のエビ

結のエビの解凍方法

結のエビ: 頭付きエビ4 尾、またはむきエビ6 尾の場合
1. 凍った結のエビを水で洗う
2. ボウルなどに4 0 度のぬるま湯2 カップ( 4 0 0 c c )を入れ、そこに塩1 2 g を溶かし入れます。
3.  2の温塩水に1のエビを3 分間漬けます。

※ ぬるま湯と塩の分量、解凍時間は目安となります。エビの量で調整ください。

エビの背わたの取り方

結のエビは背ワタを取らなくても臭みを感じませんが、気になる方は以下の方法でお取りください。

<頭付エビ>
エビの背わたは、背中側の中央あたり透けて見えるくらい浅い位置にありますので、エビの身の中央あたりに竹串を刺して取り出します。

1.  片手でエビを持って軽くエビの背中を曲げます。
2.  もう一方の手でエビの頭と身の節の間、身の中央付近に竹串を浅く刺します。
3.  背わたが見つかれば、親指の腹の部分と竹串で背わたをおさえて切れないようゆっくりと引き出します。
 
<むきエビ>
むいてあるエビはしっぽ側からが簡単です。

1. しっぽから一節目辺りに楊枝を刺します。
2. 楊枝を上に抜き身を破くと背わたが出てきます。
3. 背わたを引き抜くように楊枝をゆっくりクルクルと回すときれいに取れます。
今回使った商品